【最速】ペニス増大攻略データベース

マニアが集めた効果的なペニス増大攻略情報や短小、ED、早漏、包茎改善などの精力情報

全記事総合評価: 4.15/5 (2,522)

凄十とエディケアでペニス増大効果アップ促進!飲み合わせ特集 4.11/5 (46)

      2015/09/29


 増大サプリのプラス促進要素として2年前くらいからマニアからの情報として広まった「飲み合わせ」。増大サプリユーザならこれまで数々の飲み合わせを試した人も多いだろう。最近では進化していって増大サプリ同士や精力剤との飲み合せも流行っている。

元々増大サプリの飲み合わせは「補助的要素」として扱われていた。なので例えば「リポD」や「ユンケル」などの栄養ドリンク剤や、精子の量が増えるエビオス錠、DHCシリーズのマカやトンカットアリ、そしてサントリーマカ、凄十やエディケアなど比較的安価なもので飲み合わすのが主流であった。
現在ではリノゲインを中心にアデロイン、ジスぺリンなど増大サプリ中心で使用されている。

では逆にこれまで何故増大サプリ同士の飲み合わせがなかったのかと言えば、当然「体に対する負担が大きいのではないか」という議論があったからなのだ。
しかしながら今こうして流行っているのには、先にあげた3つ、最新のサプリには体調ケア要素が多く含まれている為、体調的に問題ないという判断であったのだ。

現に推奨はされていないが、リノゲインやアデロインユーザの中には週2くらいで、飲み合わせはせずに意図的に用量を超えて飲んで効果を高めている者もいるくらいだ。
ジスぺリン、アデロイン、リノゲインの飲み合わせの詳しい情報については個人のブログがそれぞれ存在するので参考にしてほしい。

またユーザの中で最もサイドアイテムとして名が高いのが精力剤の「ジョナリス」
ジョナリスについては過去記事で特集してあるので参照してほしい。
増大サプリで結果が上手く出ない者に、まずは実感を得て自信をつけるという意味で精力剤を!と始まったのが元である。
するとユーザから勃起力が高くなったのと同時に増大値も上がったという声が多かったのだ。
しかしジョナリスの場合、位置づけとして「促進」ではなく「共存」、つまり別々で効果を生み出すと定義されており、使用の際はあくまでジョナリスを飲む時は増大サプリをお休みするといった使用法だ。

さてジョナリスや紹介した増大サプリ同士の飲み合わせはあくまで上級者、つまり経験者に推奨されている技である。
今回前振りが長くなって申し訳ないが、初心者(ここでいう初心者とは未経験というよりかは増大基礎がない者)に安全に飲み合わせが始められるサイドアイテムを紹介する。
なおマニアからの参考サイトによれば、ベースはアデロインもしくはリノゲインの「再増大系」でないと意味がないらしい。

一つ目は小林製薬のエディケア
何と言ってもそのブランド力、安心感は一流だろう。
特徴は精力剤要素が強い。ピクトジェノールという独自の成分を使用している。
実際的に使用感では、すぐに効果を実感するには難があるが、長期的使用で勃起に関しての事項の改善には強い。
ただし、推奨されてる理由は「初回の購入額が半額」というところにある。
逆を言えば12000円を超えてこれを購入する必要はないという解釈にもなる。
増大サプリとの飲み合わせとして成分があまり被ってないところが、評価されており効果アップ、増大サプリの促進に期待ができる。
購入の際は初回に3箱くらい買ってしまう(半額の値段なので)のも手であろう。

そして2つ目は宝仙堂の凄十
凄十はそれ単体でも評価が高く、増大サプリマニアならその名を知らない者はいないほどだ。
「コンビニでいつでも気軽に買える精力剤」と称され、その効果は即効性も十分期待できるのだ。
注目すべきは成分。高価な増大サプリ級の精力成分が豊富であるが、シトルリンが入っていない事や製法から増大効果を期待するものではない
しかし増大サプリとの飲み合わせにおいては、多くが被っておりまさしく「促進」に相応しい。
リノゲインやアデロインの体調ケア要素も考えれば、確実に凄十単体で使用するよりか効率がいいはずだ。

事実増大サプリユーザから増大値が飛躍したとの声もあり、この2つは数ある飲み合わせサイドアイテムの中でも評価が高く、何より買って損がないとされている。
最近ではサイドアイテムユーザが増大サプリに移行してきているというくらいだ。

増大サプリについて当サイトはピックアップする事が多いが、増大結果を出している人が存在する背景には攻略要素ががちゃんと存在している事を改めて実感する。

【参照】
小林製薬エディケア効果アップ情報
宝仙堂凄十効果アップ情報

記事評価

 - ペニス増大ニュース, ペニス増大攻略法