【最速】ペニス増大攻略データベース

マニアが集めた効果的なペニス増大攻略情報や短小、ED、早漏、包茎改善などの精力情報

全記事総合評価: 4.15/5 (2,522)

損得が丸わかり!新旧ペニス増大サプリの評価比較表が公開! 4.18/5 (66)

      2015/10/02


kamigami

 興味深い記事が公開された。これは「神々の口コミ」というサイトの「【確定版】ペニス増大サプリのネット、マニア、口コミ評価の比較一覧」という記事であるが、こうして比較表にする事で色々な事が見えてきた、という事。

ペニス増大サプリは歴史として10年以上あり、進化してきた事は言うまでもない。発端と言えば「シトルリン」という成分にペニスの増大要素がある事が分かり、そこから色々なサプリが登場する事になる。
このサイトによると時代と共に進化したのは、効果はもちろんのことながら、「成分数」「構造」「タイプ」に目を傾けている。長い歴史の中で「値段は変わっていない」という事なので、確かにそこに着目すれば「損得」がはっきりするだろう。何故こういった比較をしているのかについては恐らく、進化し効果も格段に上がった増大サプリが登場している一方で、アフィリエイターがネットで宣伝しているモノは古いモノなので、効果が出ず金を無駄にした被害者が減っていない背景がある事に他ならないのであろう。

では具体的に比較からどういった事がはっきりしたのか。登場を「初期(~10年」「中期(~5年)」「中期末(~2年)」「最新(~1年)」とわかりやすく記してある。増大サプリ広告、宣伝サイトの特徴としてこういった事は記されてないので、こういった事を気にせず購入してしまいがちだ。しかし発売時期は「進化」を表す重要要素なので着目しなくてはならない点だろう。

次に「成分数」を比較すると、違いに驚愕する。最新のベファインが100種なのに対し、初期ないし中期の増大サプリはわずか10種。成分数は効果に直結する重要要素であり、特に副作用にも関わってくる。一般的に50種以上の増大サプリにはビタミンやミネラルなどの「体調ケア成分」が多く含まれており、副作用をなくすと共に、体にいいという一種の健康サプリのような役割を持つ。またそれだけではなく、ダイエットや胃腸改善、発毛や美容など様々な「サブ効果」も期待できると言われている。

また成分同様「構造」も進化。初期~中期では「シトルリンの量」等を訴え、「血流量」だけが取り柄だったのが、中期末頃には「細胞」や「組織」にも働きかけをするようになる。これがペニス増大サプリが本当に効きだした「3構造」というものだ。そして最新のモノでは「再増大要素」や「増大基盤強化」等の要素が加わっている。

この構造を実現する、あるいは効果を引き出しやすくすると考えられているのが「タイプ」だ。要するに「カプセル」なのか「錠剤」なのか、またはその「両方」なのか。初期、中期はいずれかの1タイプが多いのに対し、最新では3タイプになっている。増大構造が3構造だとすれば当然それを実現しやすいのは3タイプであろう。2タイプでも「基礎構築」と「活性」という面では納得がいくが、中には1タイプで3構造を訴えるものもあるが、当然説得力にかける。

以上の点を踏まえると確かに同じ値段なのだから損得がはっきりする。この記事の要点は「最新を選べば損はしない」という事だろう。購入前にこういった情報がわかれば被害者も減るんだろうが、悪質なアフィリエイターが多いので難しいのかもしれない。

【追記】クオリティの高い信頼できそうな比較サイトがもう1つ。
上記のような「成分」「構造」「新しさ」のようなスペックの比較に加え、「本当の効果」を暴露した比較サイトある。
これは主にネットで名のある増大サプリに絞り、アフィリエイター(宣伝者)が宣伝する通り「効果があるのか」数人で2カ月間使用して実証している。

zoudaihikaku

各スペック毎の比較や各サプリの使用感想を厳しく評価しているので参考になるだろう。
効果ないモノははっきり効果がないと言っているようだ。

【参照】
【確定版】ペニス増大サプリのネット、マニア、口コミ評価の比較一覧
【効果ナシを勧めるな!】ペニス増大サプリ暴露比較

記事評価

 - ペニス増大ニュース , , , , , , , ,