【最速】ペニス増大攻略データベース

マニアが集めた効果的なペニス増大攻略情報や短小、ED、早漏、包茎改善などの精力情報

全記事総合評価: 4.15/5 (2,522)

2013No,1ペニス増大サプリ→リノゲインに確定 3.94/5 (32)

      2015/10/02


yukame2面白いペニス増大についての記事があったので紹介しよう。

当サイトでも紹介した年間の最優秀ペニス増大サプリを決める「デカデミー賞」
その前章戦とも言ううべく参照レースが行われている。

内容は2013年出回ったペニス増大サプリの1位?を決めるというもの。
それを競馬新聞に見立てて、予想しているサイトだ。

こちらが取材を進めていく中でわかったことは、
コンセプトとしてはデカデミー賞と同じで、「人気が高い一方で粗悪品が多いペニス増大サプリに泣きを見る人が少しでも減るように。いいものを選んでほしい」と願う増大サプリマニアやマスコミ、その他関係者が発足したもの。当サイトでも紹介したSTAND JAPAN PROJECTのような安全な団体も関連しているようだ。
もちろん一般者からの口コミや投票を元に、効果、効率、実績、売上、副作用、話題性などあらゆる面からプロ達によって判断される。
事実上、有亀記念を制したモノが2013年のデカデミー賞最優秀賞を受賞すると現段階では予測されている。

増大サプリユーザからも「誇大広告が多い中、迷わずにすむ」といった声や「最新で効果が高いモノがわかる」と評価が高い。

主催側の話によれば「アフィリエイターサイトではなく、完全素人やマニア、ペニスに悩む人を支援するサイトが増えてきてはいるが、まだまだ大手動画サイトの広告リンクからの外系サプリや粗悪品購入者が多いのも事実。成分によっては何も実感しなかった、お金を無駄にしてしまっただけではすまない」と副作用などの体調面を指摘している。

中身の方だがやはり当サイトでも記事になったサプリが人気を占めている。今年は2強となっているようだが現在最有力候補となっているのは100主成分の成分と再増大構造の「アデロイン」、最も最新である3type型再増大の「リノゲイン」だ。
今年のキャッチを上げるとすれば「再増大時代」と言えるだろう。

判断基準としてポイントとなっているのは「期間」である。
2013年を総合して判断されることから2月頃発売となり、現在でも人気が高いアデロインと8月発売となり、最新で現在最も人気のリノゲイン
つまり長期間優秀であることと今が爆発的に旬のモノがどう判断されるかがポイントだ。

なおアデロインとリノゲインの詳細については、当方でそれぞれ記事になっているので参照してほしい。

また専門家の分析やマニアによるインタビューも記事になっている。NAVERのまとめであった「ペニス増大について神レベルのマニア達が語った内容が凄過ぎW」並みの生生しさを感じる。←こちらは面白いので是非チェックしよう。

前回王者のジスぺリンもアデロイン、リノゲインで増大結果を出している人がジスぺリンユーザが圧倒的という情報が流れてから、今初心者の間で話題となり「基礎構築期間」として試している者が多いということだ。
またユーザ達の間では「飲み合わせ」が流行し、安全な増大サプリの飲み合わせとして推奨された事は大きく評価されており、ジスぺリンの巻き返しの可能性も否定できない。

その他のサプリで話題となったモノはない為、他は考えにくいと言えよう。

成分面でも上位にあがってきているモノは数年前と比べると確実によくなっている。もはや最新サプリのユーザにとって「副作用」という概念は消えてしまっているだろう。
2013年はペニス増大サプリにとって飛躍の年となっている。遺伝子や細胞研究が組み込まれ「ペニス増大」という男の夢が、身近に大きく前進した年になった事は言うまでもない。

クリスマスーバレンタイン前のこの時期はペニス増大を試みる者が増えるのが特徴。恋人から貰うも良し、年末年始に標準を合わせ増大を始めるのも良し、風俗で実践するも良し。始めるなら「今」でしょう!

【追記】
年末にリノゲインに確定という情報があった。参考サイトを見るとわかるが、アデロインと大差はなかったようだ。やはりトータル的な事よりも「今が旬」という事がポイントになった思われる。
アデロインも「20cm突破」や「再増大」を始めに打ち出した功績、「100種成分=安全」など多くのストロングポイントがあるが、やはりユーザーニーズである「増大力」「結果」「実感」を制したリノゲインに軍配が上がったと言えよう。

受賞できなかった成分部門についてだが、リノゲインは成分数約50種と少ないと思われがちだが、成分量でカバーしている。要するに増大に必要な成分だけを厳選し、その量をふやしているんであろう。

【更 新】最新のマニア情報による「増大サプリの位置づけ」でもリノゲインは「増大特化」「UNDER35」に特化と位置づけされた模様だ。ベファイン登場後で は人気が落ちていたが、ベファインとリノゲインによる飲み合わせが最強とする声もあり、2-3カ月ベファイン使用を終えた人たちが、ベファインの飲み合わ せとしてリノゲインを選ぶと予想されている事からもう1度リノゲインの人気が高まるであろう。

【参考】
ペニス増大サプリ予想 競亀エース
STAND JAPAN PROJECT

記事評価

 - 2013年ベストペニス増大, ペニス増大ニュース, 最優秀ペニス増大 , , , , , , , ,