【最速】ペニス増大攻略データベース

マニアが集めた効果的なペニス増大攻略情報や短小、ED、早漏、包茎改善などの精力情報

全記事総合評価: 4.15/5 (2,522)

2014デカデミー賞参照レース 有亀記念予想確定 4.02/5 (54)

      2015/10/02


main2014
 今年もデカデミー賞の前章戦、有亀記念がまもなく行われる。2014年活躍した増大サプリをマニア、マスコミ、専門家、薬品関係者などペニス増大サプリに詳しい者達をはじめ、一般の膨大な独自の口コミ情報やデータからも評価しNo.1を決めるレースだ。事実上、優勝作品がデカデミー賞を取ると言われている。その予想サイト競亀エースが更新され今年の顔ぶれが決定したようだ。

 昨年はアデロインとリノゲインの一騎打ちと題されていたが、今年は4強と言われている。その中でもやはり今年1月に発売された3タイプ+100種の唯一のベファインが頭1つ抜け出ている気がするが、最近発売された最新100種系+角度強化のゼナフィリンが後を追う。前回もアデロイン優勢と言われていたが結局は発売間もなかった最新の3タイプのリノゲインが優勝した例があるので、ゼナフィリンの可能性も十分ある。2タイプは1日4錠摂取するので、実感効果として3タイプより上というユーザーが多く存在する為だ。増大特化、角度強化は十分魅力的だが、他にも成分自体の質が上がっている、靭帯・根本(基礎構築)も強化できるなどゼナフィリンを推す声が多い。

 3番手、4番手は昨年の強者、再増大系のアデロインとリノゲイン。両者とも昨年から多くのリピーターを獲得している点や飲み合わせとして使用する者も多い点、再増大系(経験者優遇)といった評価点はある。後は2タイプに「エディション」という形で3タイプ?にしているベクノール。宣伝が圧倒的だったシドルフィンEX。年配をターゲットに絞っているザゴールドの進化版の極ゴールド。海外から精力重視系のメガマックスプロやMAXMANなど新しい顔ぶれもある。

 今年も結果として評価を受けてるのは1万円以上のサプリで、構造や成分、タイプが理論的にしっかりしているもの。年々ユーザーもペニス増大に関し知識をつけているので、口コミには騙されず、成分数や構造など商品自体の見極めしている傾向にある。当然アフィリエイターが多く潜む商品や古い商品は厳しくなっていくだろう。

 冬は「ペニス収縮の季節」と言われており、しっかりとした対策をとらなければペニス増大が難しく、ユーザーが何を選ぶか市場が動く季節でもある。また増大基礎構築を創るには「新しい季節」と言われているので、年末または1月からペニス増大を目指す初心者が増える。故につい最近発売されたゼナフィリンは最新という事で注目される。

 今年1月からの実績、3タイプに100種成分という唯一の構造、初心者優遇の基礎増大構築特化、といった死角なしのベファインにゼナフィリンがどう挑むか注目が集まる。有亀記念は12月中には結果がでる。なおデカデミー賞2014の発表は来年1月となる。

 【参照】
ベストペニス増大サプリ予想 競亀エース

記事評価

 - 2014年ベストペニス増大, ペニス増大ニュース, 最優秀ペニス増大 , , , , , , , , , ,